広島県高校野球の番付表~直近3年(2024年)の実績をもとに集計した強豪校最新ランキング(進路と偏差値一覧のおまけ付)~

スポンサーリンク

広島県高校野球の過去三年間の実績をもとにした番付表(ランキング)です。2023年度秋の新チーム(2024年度チーム)の番付情報が確認できます。上位校は進路情報へのリンクを追加。

スポンサーリンク

番付表(2024年春季大会終了時点)

番付大会高校P
横綱
4.00P~
優勝広陵6.28
大関
2.44P~



広島新庄
広島商業
尾道
崇徳
3.31
3.06
2.59
2.49
関脇
1.55P~


市立呉
呉港
盈進
2.21
1.78
1.74
小結
1.22P~

海田↑
瀬戸内
1.36
1.31
前頭筆頭
近大福山
広島工大↑
1.17
1.08
前頭2
如水館
西条農業
0.99
0.91
前頭3
尾道商業
広島国際学院↑
0.78
0.77
前頭4
総合技術↑
神辺旭
0.71
0.70
前頭5
市立福山↓
祇園北
0.68
0.66
前頭6
広↓
高陽東
0.60
0.55
前頭7
広島国泰寺
三原↑
0.41
0.40
前頭8
英数学館
武田
0.38
0.38
前頭9
山陽↑
庄原実業↑
0.31
0.31
前頭10



三次↑
福山工業
竹原
福山誠之館
沼田↓
0.26
0.25
0.25
0.25
0.22
幕下

大竹↓
広島工業
舟入
0.20
0.13
0.13

横綱・広陵が優勝し完全に抜け出した感じがある。他は荒れに荒れた。準優勝は前頭6・海田で小結に昇格。ベスト4は関脇の尾道と崇徳でそれぞれ大関に昇格。ベスト8は番付下位が躍進。夏も広陵に死角なしか。

番付表(2023年秋季大会終了時点)

番付大会高校P
横綱
4.00P~
優勝
広陵
広島新庄
5.92
4.20
大関
2.44P~
広島商業3.12
関脇
1.55P~
三位



尾道
呉港
市立呉
崇徳
盈進
2.37
2.35
2.17
2.13
1.55
小結
1.22P~
前頭筆頭
瀬戸内
如水館
1.20
1.13
前頭2
近大福山
西条農業
1.10
1.07
前頭3
広島工大↓
尾道商業
0.90
0.88
前頭4
神辺旭↓
市立福山↑
0.70
0.70
前頭5
祇園北
広↓
0.65
0.59
前頭6
海田↑
高陽東↓
0.50
0.47
前頭7

英数学館
広島国際学院↑
総合技術↓
0.43
0.42
0.42
前頭8三原↓0.40
前頭9
武田
沼田↓
0.34
0.32
前頭10



福山誠之館↓
庄原実業↑
福山工業↓
大竹↓
竹原↓
0.32
0.28
0.28
0.23
0.23
幕下


山陽
広島工業
舟入
広島国泰寺
0.18
0.12
0.12
0.09

横綱の広陵が優勝。同じく横綱の広島新庄が準優勝。両横綱が存在感を改めて示した。一回戦で大関広島商業を接戦で下した関脇の尾道が三位となった。広陵が一歩抜け始めた感があるが、横綱・広島新庄、大関・広島商業、関脇・尾道などがどこまで食い下がれるか。

以前の番付はこちら

ポイントの集計方法と番付の決定方法

ポイントの集計方法

過去三年の秋季、春季、夏季大会を集計の対象とする。

ポイントは各大会で優勝、準優勝、ベスト4、ベスト8、ベスト16となったチームにポイントを付与します。ポイントは順位とその大会の時期により独自の重みづけを行っています。

各大会で取得したポイントを合計し大会数で割ることにより、各チームのポイントを算出します。

番付の決定方法

横綱、大関、関脇、小結はポイントで番付が決まります。

前頭はポイント順に上から並びます。原則同じ番付には2チーム入ります。ただし同ポイントの高校が複数校ある場合などは、同じ番付に3校以上が記載されることがあります。また、前頭10には基準を満たす高校は校数関係なく記載されます。

東西の表記は見やすさを優先し、昨年途中から廃止しました。

ざっくりとしたイメージは、横綱:平均ベスト4、大関:ベスト4を2回で残りベスト8、関脇:ベスト8を5回で残りベスト16、小結:ベスト8を2回で残りベスト16という感じですが、直近1年で成績を上げるとポイント割り増しとなるため上位番付に行きやすい。

集計結果がポイント0.22ポイント未満(概ね9大会換算でベスト16に2回入れていないチーム)の場合は番付対象外としました。一度でも番付に入ればその後0.22ポイント未満となっても幕下に校名は残ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました